育児休業はいつ終了するのか of 育児休業のポイント

育児休業をもっと理解するためのサイト「育児休業のポイント」

育児休業はいつ終了するのか

 育児休業の期間は、労働者の意思に係らず、次の場合に終了します。

① 子を養育しないこととなったとき
② 子が1歳に達した場合(1歳6か月までの育児休業の場合は、子が1歳6か月に達した場合)
③ 育児休業をしている労働者について、産前産後休業や介護休業、新たな育児休業が始まった場合

育児休業の開始前に子を養育しなくなった場合

 育児休業の開始前に子を養育しなくなった場合は、育児休業の申出がなされなかったことになります。

 ここで、「子を養育しなくなった場合」とは、次の場合をいいます。
① 子の死亡
② 子が養子の場合の離縁や養子縁組の取消
③ 子が他人の養子になったことなどの理由で同居しなくなったとき
④ 労働者の負傷や疾病などで子が1歳に達するまでの間(1歳6か月の育児休業の場合は、子が1歳6か月に達するまでの間)子を養育できない状態になったとき
⑤ パパママ育休プラスの特例により1歳到達日の翌日以降育児休業をする場合で、労働者の配偶者が育児休業をしていないこと

 なお、子を養育しなくなった場合は、その労働者にその旨を通知させます。

会社独自の制度がある場合

 会社独自の制度として、育児・介護休業法を上回る制度が会社の就業規則や労働協約、労働契約で規定されている場合は、その定めによります。

平成22年6月30日施行の改正育児介護休業法の情報は、LinkIcon改正育児介護休業法のポイントをご覧ください。

販売用バナー.png販売用バナー.png
bana2.jpgbana2.jpg