あらかじめ決めておきたいこと of 育児休業のポイント

育児休業をもっと理解するためのサイト「育児休業のポイント」

あらかじめ決めておきたいこと

 事業主は、次の事項について、あらかじめ定めて、これを周知するための努力をする必要があります。就業規則などに必要な事項を定めて、周知することでも構いません。

① 育児休業中の待遇に関すること
② 育児休業後の賃金や配置などの労働条件に関すること
③ その他のこと

 なお、労働者に具体的な取扱いを明示するときは、文書の交付によって行う必要があります。

「育児休業中の待遇に関すること」とは

 育児休業中の待遇に関することには、育児休業中の賃金や教育訓練の実施などが含まれます。

「育児休業後の労働条件に関すること」とは

 育児休業後の労働条件に関することには、昇進や昇格、賃金、配置、年次有給休暇などに関することが含まれます。

「その他のこと」

 「その他のこと」とは、子を養育しないことになったことにより、育児休業期間が終了したときの職場復帰時期などです。 

平成22年6月30日施行の改正育児介護休業法の情報は、LinkIcon改正育児介護休業法のポイントをご覧ください。

販売用バナー.png販売用バナー.png
bana2.jpgbana2.jpg